あの伝説が再び…。夏季限定スイーツはズコット!ルネサンス期イタリアに産声をあげたアイスケーキの申し子

皆様、こんばんは。

日中は暑くなってきましたね…。少し前まではホットコーヒーが出たのに、アイスコーヒーがよく出るようになりましたと書こうとしましたが、去年の記事で全く同じことを書いていたことに気付きました。全く進歩していないテューアでした^^;

では、題名と写真で早速ネタバレをしてしまっておりますが、今年の夏季限定スイーツは「ズコット」となります!

こちらは去年のズコットさん。今年のはホールで撮る前に切ってしもうた…。

ズコットは去年の夏季限定スイーツで登場したので、召し上がった方もいるのではないでしょうか。

反響を受け、今回もズコットにすることにしました!見た目も華やかですし、夏にぴったりですしね^^決して、ネタが思いつかなかったとかじゃないんだからね…!

≪スポンサーリンク≫

ズコットはルネサンス期のイタリアのフィレンツェで生まれたとされる、かのメディチ家と関係がある伝統的なアイスケーキ。

特徴的なドーム型の形が特徴で、ズコット(Zuccotto)の由来は二種類存在します。15~6世紀の兵士の金属兜「ズッコット」から来ているという説と、カトリック教の聖職者の半球形の頭巾の俗称である「ズッケット」から来ている説があります。

レシピは去年と変更しておりませんが、私の腕が少しだけレベルアップしているかもしれませんので、ズコットも少しだけ美味しくなっている可能性があります。(めっちゃフワッとしている…)

ジェノワーズ製法で作ったスポンジ生地をカットしてボウルに並べ、生クリームとクリームチーズを混ぜたフィリングをたっぷり詰めました。

フィリングにはアーモンドとくるみ、6種のベリーとレーズンが入っております。(サルタナレーズン、フレームレーズン、カランツレーズン、クランベリー、グリーンレーズン、ワイルドブルーベリー。ルネサンス期に存在しないベリーもおりますが、ユルシテ…)

冷凍のものを提供させていただきます。はじめは固いですが、時間が経つとミルクを少ししみ込ませたスポンジはしっとり、半解凍されたフィリングはほど良い口どけとなります^^

今年も暑い夏が予想されます。夏バテで気分が優れないこともあるでしょう。そんな時こそ、冷房の効いた店内で冷たいドリンクとスイーツを楽しみながら、まったりと読書をしていただきたいものです^^

夏季限定スイーツ「ズコット」は、2024年6月1日(土)~2024年8月31日(土)まで販売予定となっております。

「まだ食べていない~!」という方や「去年食べた~!」という方も、ぜひ2024年のズコットをお召し上がりくださいね!

皆様のご来店を心よりお待ちしております^^

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA